テストで見分ける白髪染め

事前のパッチテスト

白髪染めやおしゃれ染めを自分で行うときは事前にパッチテストを行う必要があります。パッチテストはそのカラー剤が自分の肌に適合しているかを調べるテストになりますので、合わないカラー剤を見分けられるテストになります。

48時間のパッチテストののち、肌が赤くもなっておらず異常を確認出来ない場合は晴れて白髪染めやおしゃれ染めを行ってもいいという事になります。それが事前のおしゃれ染めや、白髪染めの準備となります。しかし、パッチテストを行って何も異常が確認されなかったのに、いざカラー剤を頭皮に塗布してからかゆみや痛みなどの症状が現れたり、赤くなってしまう人もいます。その場合は染毛中であってもさらなる炎症を引き起こしてしまう可能性がありますので、直ちに使用を中止してください。

市販されているカラー剤は素人でも綺麗に染まりやすいように強力な薬品が配合されており、身体のちょっとした体調不良でも影響が出てしまう場合があるのです。実はサロンなどで使用されているよりもずっと強い薬品が使われているのですよ。そのため頭皮や髪の毛にかかるダメージも大変なものなのです。この事からも肌や髪の毛に影響が少ない自然の成分が配合されているカラー剤を使用することが重要になるのです。