みなさんは、天然酵母とドライイーストの違いをご存知ですか? よくパンを作る時に天然酵母とドライイーストが、比較対象にあげられますよね。 ドライイーストは、パンを発酵させる力が強い原料となる菌をたくさん集めて培養して作られている物です。 ドライイーストを使う事によって、天然酵母では実現できない位、短時間でパンを発酵させる事が出来ます。 菌を集める原料は、果物や穀物からなので、天然酵母と同様なのですが、天然酵母はそのまま培養するのに対し、ドライイーストは強い菌だけを人工的に集めて培養させているので、発酵力も強くなるのは当然のことですよね。 ですから、ドライイーストを使った普通のパンと天然酵母を使った天然酵母パンの大きな違いと言えば、発酵物質が違う所になるのです。 まぁ、天然酵母パンに使われている物は、自家製天然酵母やホシノ天然酵母が使われている物に対して、普通のパンであればドライイーストが使われている違いだと言う事です。 そこで、簡単に使えるのもドライイーストです。 対して、天然酵母はどこでも購入出来る物ではなく、パン材料を置いている店、お菓子材料を置いている店、インターネット等で購入するのが、主な手段なのだそうです。 身体に良いとは思っていても、手に入れるのが面倒なら、なかなか手を出せないですよね。 こうした違いが、天然酵母とドライイーストにはあります。

関連ページ